読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りシェアルーム

きっとあなたの蜜になる

38.ましろ

 

f:id:atmckt:20170327214209j:image

 

去年のクリスマスイブ、我が家にやってきたにこ。

とても懐いてくれていて、毎日のように頭を撫でさせてくれる。

 

3日の間会わない日が続いて、寂しい思いをさせてしまった事を気にしていたけど

昨日1日で、信頼は取り戻せたかなって思ってる。

 

12年弱前からうちにいる、ひな。

f:id:atmckt:20170327215203j:image

 最近少し足腰が弱くなって、痴呆が入ってきたような感じ。

この子とも3日間会えなかったけど、迎えに行ったら尻尾を振って甘えてくれた。

 

いつまでも幼い顔立ちで忘れてしまいがちだけど、もうすっかりおばあちゃん。

あまりもう長い時間は一緒にいられないのかもしれないなぁ…。

にことの時間もひなとの時間も、大切にしないとなぁと思えた。

 

去年の今日、3月28日。

f:id:atmckt:20170327214706p:image

6年半前に家族になった、ましろが天国へと旅立った。

ここ数日、ましろが動かなくなったあの日のことを何度も何度も思い出す。

 

もちろん人との時間にも限りがあるのは分かってるけど

ペットとして迎えたこの子たちの寿命は、わたしたちの比じゃないくらい短い。

この子たちの食と住を司ってるのは飼い主であるわたしたちであって

この子たちの幸せはわたしたちの言動にかかってる。

 

恥ずかしい話、わたしが初めて生き物を死ぬということを実感を持って理解したのは去年の今日だった。

今まで曾祖母2人や中学時代の先生、親戚や友人の死を経験してきたし、お通夜やお葬式に参加してきた。

それでもどこか夢の中の出来事のようで、悲しいけれど実感はなかった。

 

二十歳にもなってはじめて、死の重たさを感じた日。

何日経っても、何ヶ月だっても、思い出せば後悔と懺悔の気持ちが湧き上がってくる。

何回でも涙を流せた。

 

人間関係にしろ、ペットとの接し方にしろ

後悔が少ないように生きないとと思う。

そうじゃないとましろの命が無駄になる。

 

ましちゃんは、うちに来て幸せだったのかな。

37.素直

 

少しくらい素直になってもいいんだよ。

こうしなきゃいけない、とか

こうするべきだから、とか

考えるのをやめてみてもいいんだよ。

 

そう言われても、自分の素直な気持ちを口に出せるほどの愚直さもなければ

誰かの想いを無視してまで自我を通せる強さも

何も考えずに突っ走れる度胸も

わたしには何もない。

 

わたしの原動力はいつもマイナスだった。

これをしないと怒られる。

こんなことをきたら嫌われる。

こうしたほうが悲しまれない。

そんなことばかり。

 

もうそもそもこの時点で素直じゃない。

こうしたら褒められる。

こんなことをしたら好かれる。

こうしたほうが喜ばれる。

こうは考えられなかったわけだから。

 

だって怖かったんだ。

自分の好きなように振舞って、誰かに怒られたり嫌われたりした人をたくさんみてきたから。

兄だったり、友達だったり、クラスメイトだったり。

たくさんの陰口や悪口を聞いてきたんだ。

空気を読めないとかわがままだとか、自分勝手で自己中心とか。

父だったり、祖父だったり、叔母だったりの。

 

嫌われてもいいと思えなかった。

好かれなくてもいいから、嫌いになられたくなかった。

同級生や先輩後輩、先生やバイト先の同僚はもちろん、同じ電車で隣に座った人にすら。

敵意を向けられるのが、掌をかえされるのが、舌打ちをされて睨まれるのが怖かった。

 

素直な人はどうやって生きてきたんだろう。

 

素直になっていい、と言われても

自分の素直な感情がどこにあるのかわからない。

悲しさとか虚しさとか、情けなさはすぐに解るのに。

36.自己理解

 

人を思いやって優しくしなさい。

他人に迷惑をかけてはいけません。

小さい頃から言われてきたはずなのに、どうしてそれが出来ないんだろう。

 

先日、身に覚えのない発言がきっかけで人間関係を拗らせてしまっていた。

親身になって接してくれていた友人だったはずなのに、喧嘩腰で八つ当たりじみた言葉をぶつけてしまっていたらしい。

 

 わたしもその友人もお互いに謝罪をして、なんとか元鞘に戻ったのが明け方頃。

理解のある相手だったからこそ、歪にでも関係の修復が出来たんだろうなぁ。

 

自分でも気付かないうちに、自分自身や周りの環境、色んな人間関係の中の不満や不安を溜め込んでいたのが原因ではないかと思う。

わたしが覚えていないだけで、きっとその時のわたしは不安で不満で仕方がなかったのだろう。いろんな物事への悪態が書き連ねられていた。

 

自分が他人のようで

他人が自分のようで

自分のことが分からなくて

不甲斐なくって仕方ない。

35.伝え方と捉え方

 

精神疾患者を取り扱ったドキュメンタリーを見た。

過去に犯罪に巻き込まれた被害者の方が精神を病んでしまって、社会的に望ましくなかったり倫理的に認められない行動を止められない患者についてのものだった。

 

内容に関しては正直、特に思うことは何もなかった。

心理系専攻ということもあるし、身近な人にもそんな人はいたからかもしれない。

 

その後ふと気になって、Twitterやインターネット上の掲示板でそのドキュメンタリーに関する投稿や意見を探してみた。

 

過去に壮絶な体験をしているという背景をきちんと紹介していたからか

事件を起こした加害者への軽蔑を込めた意見や、被害者となった精神患者への同情の声が比較的多く見られた。

自分にはそういった行動を取る理由を理解出来るとは言えないけど、辛かったのだろうと胸が締め付けられる、と。

 

一度それはさておいて、Twitter上で病んだ投稿や自傷画像を投稿する、いわゆる「病み垢」というのが存在する。

本当に精神科に通院しているようなメンタルヘルスに問題のある人から、通院はしていないものの鬱病だと主張する人まで様々。

 

こういったアカウントを作ってSNS上で交流をしている年齢層を見ると、10代の女の子が8〜9割程度の体感だった。

寂しさだったり辛さだったり、苛立ちの吐き出し場として使われているようだった。

その中でリストカットをした画像を投稿してみたり、自殺をすると宣言してみたり。

 

また一方で、「病み垢潰し」を目的とした投稿をする人々もいる。

精神病は甘えだ、自傷は気味が悪い、頭がおかしい、不快な文章を晒すな、などなど言い分も色々。

 

ドキュメンタリーに関する感想を探してみた時とは打って変わって、病み垢に関しての意見を探してみるとまぁ否定的意見の多いこと多いこと。

 

人生山あり谷ありが当然で、しんどい時期なんて誰にでもある。

構って欲しいがために、自己肯定感を得るために他人に心配をかけるな迷惑だ。

自分の身体を傷付けて何になるんだ、死にたいなら勝手に死ね。

 

ざっくりまとめると、こんな感じ。

 

ドキュメンタリーで自己の体験を語っている人と

Twitterで自身の辛さを語る人。

大差がないように思えるのに、抱かれる印象は大きく異なった。

TVで放映される内容の方が信憑性があり、SNSやインターネット上での投稿には信憑性がないというのが原因かもしれない。

病院での診断書の有無が理由かもしれない。

でも1番の理由は、その人が「何故」そのようになったかという理解度の違いではないかと思う。

 

もしあのドキュメンタリーが症状や病状の紹介が主な内容で、患者の過去について触れなかったら、周囲の意見は違っていたんじゃないだろうか。

患者の過去についての紹介が病状の紹介よりも後だったなら、もっと否定的な意見も見られたのではないだろうか。

 

人は基本的に、自分にはないものや感覚を理解する能力が乏しいとわたしは思ってる。

恐怖症やアレルギーなんかがわかりやすい例かなぁ。

自分にとって平気な場所やもの、食べ物などを受け入れられない人の感情や感覚は理解しがたい。

それが身体的な問題か、精神的な問題かの違いだけ。

 

伝え方が悪いのか、捉え方が悪いのか。

解らないけど、自分には無いものは理解できないものだからと、努力することすらやめてしまうのは

とても悲しいことだと思う。

34.気持ちのやり場

 

ずっとずっと心の中でもやもやしてた影みたいなものに、焦点を当ててみようと思った。

 

 

今までわたしが付き合ってきた人とは、喧嘩か絶縁に近しくなる何かしらの出来事がきっかけで別れてきた。

告白するのは100%相手側で、別れを切り出すのはほぼ100%わたしだった。

 

別れるだけの原因がわたしにも相手にもあって、復縁を迫られても頑固として拒否できる別れ方しかしたことがなかった。

別れた後に友達に戻るだとか、そういうのとは無縁だった。

 

というのも、友達に戻ろうと言った所で相手方の言動が友人として受け入れられないものだったことが多すぎたのだ。

リベンジポルノ、ストーカー行為、嫌がらせ電話に個人情報流出…。

こっちから友人なんてお断りじゃぼけぇ、って感じ。

 

ただ今回の場合はそうじゃなかったのだ。

だからもやもやするのかなとも思ったけど、何か違う気がする。

何が違うのかはまだわからない、これを書いているわたしは少なくとも。

だから考えてみたいと思ってる。

 

明確に違うのは、別れを切り出したのがわたしではなかったこと、かつお互いの気持ちが無くなったわけではないこと。

だから今でも連絡渡り合える環境ではあるし、お互い復縁出来る環境を作ろうとしている。

 

付き合っていた時と変わらない距離感のようだけど、関係性は明らかに違う。

好きだと言葉をくれるけど、彼氏ではないし彼女でもない。

なんというか、このあたりにもやもやの原因があるんじゃないかなとは思ってる。

 

別れているのに別れていないみたい。

付き合ってないのに付き合ってるみたい。

なんで別れたのか、付き合っていないのか。

詳しい理由や事情がいまいちわからない私にとっては、相手やわたしにとっての大切な人たちの言葉を信じる他ない。

 

付き合っていた時と変わらない態度、行動を望んでいるようにわたしには見えた。

 

たぶんもやもやっとするのはそのせいなんだけど

ちゃんと言語化できない。

気持ちのやり場をどこにすればいいのかがわからない。

 

もう少しちゃんとわかったら、また書こう。

33.シンデレラグレイ

 

人と約束をするのが怖い。

その人と会ったのが昔であればあるほど、余計に。

 

こんな感覚は前にもあったなぁと思って考えてみたら、摂食障害が治りかけていた頃だ。

40kgくらいまで体重が落ちた頃のわたしを知っている人に会うのが極端に怖かった。

食べれるようになったんだ、よかったね。

そう言われるのが怖かった。

 

 

今は単純になんとなく気が向かなかったり、約束を守れなさそうで怖かったり。

会ったところで相手を不快にさせるんじゃないかと思ったり。

楽しんでもらえないんじゃないかなと心配になる。

 

それでも会わなきゃいけない約束は、この春休み中にもいくつかある。

ここ数週間、自分の意思で外出したことが無かった。

頼まれた用事もあったし、久し振りに約束もないのに外出した。

 

移動時間を除いて大体3時間しかうろういてないけど、正直めちゃくちゃ疲れた。

勢い余って半日以上眠ってしまうくらい。

昔はどれだけよく寝れても10時間が最長だったのになぁ。

 

最近は起きてる時間が短すぎて、1日2食が当たり前になってきた。

なんかこう、ちゃんと生活しようと思ってるのにそれもままならない感じ。

 

 

昨日、今のわたしの状況を人に話す機会があって大雑把にまとめて伝えてみた。

高校時代に摂食障害になって以降のことを。

 

想像はしていたけど、話した相手は言葉を無くしてしまった。

今の自分の理解力では追いつかないから、と。

 

正直、賢明な判断だと思う。

優しさや慰めを与えることが却って逆効果かもしれないことを彼は知っていたのかな。

鬱病の友人がいると話していたっけなと、ぼんやり思い出した。

 

高校時代一番仲のよかった友人にもまともに話せていない事を、どうしてあの人には伝えられたんだろう。

 

多分、親密ではないからこそ言えたのだろうなと思う。

ちょっとやそっとで会える距離でもない。

こんなことを知られたら気味悪がられるかもしれない。

嫌われるかもしれない。

そんな恐れが何もないから、一切合切を話せたのだと思う。

 

こんな人間関係ばかりなら、生きやすかったのに。

32.夢番地

 

耳が聞こえにくくなった。

とは言っても片耳だけだし、一切音がわからないんじゃない。

日常に支障はさしてない。

たぶん一時的なもの。

でも少し気持ち悪い。

 

 

何をするわけでもない日が続いて、1日の振り返りなんて特に意味がないことに気付いた。

せいぜい、犬の散歩とそのついでのポケモン、たまにある打ち合わせやらなんやらくらいしかしていないことがほとんど。

いつの間にか1日って10時間くらいに減ったのかなってくらいあっという間。

 

でもなんでもない事が続く方が、とんでもない事が起こるよりマシだったって思い直した

 

それでもなぜか体重は減り続けた。

起きてご飯食べて散歩行ってご飯食べて、寝るか外に行くかして散歩行ってご飯食べて。

そんな生活してるのに。

息を吸って吐いて心臓を動かすだけで体重が減る。すごい。

 

最近自分が何を話そうと思ったか、何を考えていたか、何をしようとしていたかをよく忘れる。

若年性アルツハイマーかな?ってくらい

 

それから何をしてても面白くない。これは前からか。

どうしたい?何をしたい?わたしの意見を聞かれた時の返事は大抵どうでもいい

前からそうだったけど前にも増して人任せ。

 

誰と会っても話しても遊んでも、さっさと帰って1人になりたいと思う

自分のも他人のも言動ひとつひとつが気になる

少し長い時間接すると鬱陶しいなぁと思う。

 

あとめちゃくちゃ怠い、眠い、疲れやすい。

 

生きてるだけで疲れてる感じ。

 

 

何言ってんだろ。

よくわかんないね。、