読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りシェアルーム

きっとあなたの蜜になる

4.ザ・ワールド

 

 

時間が止まっていると言われた。

先に進めてない、乗り越えられてない。

納得なんてしていない、って。

 

納得しない限り説得されるわけで。

彼らには彼らなりの現実があって。

考え方や見てきた側面も違うわけで。

人によって正解なんて違うのが当たり前で。

 

わたしが知らない現実もあるのは分かってる。

でもあなた達の知らない現実もあるでしょう?

 

なんでそれをそんなに簡単に否定するの。

なんでそんなに簡単に悪く言うの。

後悔しないように生きなさいっていつも言ったじゃない。

あなたの人生だからあなたが選びなさいって言ったじゃない。

 

なのにあなた達の思い通りにならなければ、否定して説教して抑えつけて。

あなたのことが心配だからなんて、拒否しにくい形で押しつけて。

理想通りにならなければ潰して壊してきたのは誰だった?

理想通りにならないわたしに、涙を見せたり呆れの言葉を投げかけないでよ。

わたしなんかのことで哀しまないでよ。

 

人を見る目がない?

頑固で意地っ張り?

病弱で無茶しい?

自信がなくて甘ったれ?

全部全部全部全部分かってるよ。

手のかかる子供だって自覚してるよ。

親離れも子離れもお互い出来てないよ。

 

でもさ、でもさぁ。

いつまでもわたしのそばにいてくれるわけないじゃん。

きっとわたしより先に死ぬじゃん。

その時わたしはどうやって生きていけばいいの?

一緒に死ねばいいの?

人の理想通りに生きることばっかり覚えて、理想を教えてくれる人が居なくなったらどうするの?

何にもない空っぽの身体が残るだけじゃん。

 

死んでるのと同じだよ。