読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りシェアルーム

きっとあなたの蜜になる

12.一週間

 

 

わたしに与えられた自由時間はあと一週間もない。

それ以降何がどうなるかなんて何もわからない。

両親も、主治医も、わたし自身ですらも。

真夜中の海に投げ出されるような感覚。

 

 雇ってもらえることが決まったバイト先も、どれだけ続けられるかわからない。

摂食障害を患いながら受かった大学も、在籍できるかわからない。

脅迫のように言われる「もしも」の話。

 

なんか、今まで積み上げてきたものが無駄だったんじゃないかって思えてくる。

生き方を間違えてたんだろうなって思う。

 

まだ一度しか出勤していないアルバイトを、もう辞めてしまいたくなってる。

環境はいいところだと思う。

同僚もオーナーも、優しくていい人たちだったみたい。

だからこそ辞めたくなる。

 

迷惑をかけてしまうことをわかっているから。

困らせてしまうだろうことが見えているから。

お互いに情が出る前に辞めてしまう方がいいんじゃないかな。

何も今バイトを探さなくたってよかったでしょ?

 

なんで応募しちゃったんだっけ。

どうせ落ちるだろうからって思ったんだっけ?

どうだろう、覚えてないや。

なんでだったの?