独りシェアルーム

きっとあなたの蜜になる

28.書きたいことが見つからない

 

タイトル通り。

 

今までの人生で楽しかったことを思い出してみようと思う。

しんどかったことや辛かったことにばかり焦点を向けるのはよろしくない。

 

幼稚園の頃。

マンション住まいで兄がいた関係か、必ずどのクラスにも友達がいた。

毎日誰かの家に行くか自分の家に友達がやってきて遊んでいた。

先生に怒られた覚えは一度もない。

 

当時のわたしなりに、クラスメイトにからかわれたりして辛かったのは覚えているけど、

今思えば人生で1番楽しい時期だったかもしれない。

 

小学校の頃。

2年生までいた学校では、幼稚園からそのままエスカレーター式で進学したから友達も多かった。

成績で不自由をしたことはなかったし、音楽会では必ず打楽器を担当させてもらった。

よく本読みを褒められたし、鍵盤ハーモニカの演奏ではお手本にされたことも多かった。

花一匁では取り合いになったし、放課後には誰かと遊ぶ約束があった。

 

3年生の時に転校をした。

誰もわたしを知らないし、わたしもクラスメイトを誰1人知らない。

出来上がった人間関係の輪に、飛び込んで行くのは初めての経験だった。

それでもなんとか溶け込んで、毎年学級委員長を務めた。

活発に遊んだりはしなかったけど、陸上の朝練に一緒に行ける友達もできた。

推薦されて立候補した児童会では挨拶を褒められたし、卒業式でのサプライズ企画をとても喜んでもらえたのが印象的だった。

 

クラスメイトとのいざこざがなかったわけではないけど、いい人生経験だったと思う。

 

中学校の頃。

ヘンテコなシステムの受験をして、倍率8倍を潜り抜けた。

正直曲者ばかりだったけど、趣味の合う友達ができた。

片道2時間の通学も苦じゃないくらい、会うのが楽しみな親友がいた。

アートフェスティバルでは有志発表で、放課後遅くまで練習をしたよさこい踊りを披露した。

かっこよかったと言ってもらえて嬉しかったっけな。

 

高校生の頃。

生まれて初めて部活に入って、先輩や後輩と親密な関係を築けた。

放送部ではラジオドラマで配役をもらったし、BGM作成もさせてもらった。

運動会でのアナウンスもやりがいがあって楽しかった。

卓球部では弱小なりに、課題を見つけて練習を積むのが楽しかった。

部室に行けば気兼ねのない仲間がいるのが嬉しかった。

自分のことを好きだと言ってくれる人とも出会えた。

 

そして生徒会。

半強制で入らされたけど、想像以上にやりがいがあった。

得意なエクセルの技術やプログラミングを活かせたし、仕事の速さを評価されて嬉しかった。

先生方や後輩からもらった寄せ書きは、今でも宝物だと胸を張れる。

 

なんだ、案外恵まれた人生送ってたんじゃないか。

そんな風に今は思える。

多分書き連ねたこの言葉が、ごく一部の事実しか語っていないから。

幸せってきっと案外そんなもの。

 

でも今日はもう疲れた。