読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独りシェアルーム

きっとあなたの蜜になる

34.気持ちのやり場

 

ずっとずっと心の中でもやもやしてた影みたいなものに、焦点を当ててみようと思った。

 

 

今までわたしが付き合ってきた人とは、喧嘩か絶縁に近しくなる何かしらの出来事がきっかけで別れてきた。

告白するのは100%相手側で、別れを切り出すのはほぼ100%わたしだった。

 

別れるだけの原因がわたしにも相手にもあって、復縁を迫られても頑固として拒否できる別れ方しかしたことがなかった。

別れた後に友達に戻るだとか、そういうのとは無縁だった。

 

というのも、友達に戻ろうと言った所で相手方の言動が友人として受け入れられないものだったことが多すぎたのだ。

リベンジポルノ、ストーカー行為、嫌がらせ電話に個人情報流出…。

こっちから友人なんてお断りじゃぼけぇ、って感じ。

 

ただ今回の場合はそうじゃなかったのだ。

だからもやもやするのかなとも思ったけど、何か違う気がする。

何が違うのかはまだわからない、これを書いているわたしは少なくとも。

だから考えてみたいと思ってる。

 

明確に違うのは、別れを切り出したのがわたしではなかったこと、かつお互いの気持ちが無くなったわけではないこと。

だから今でも連絡渡り合える環境ではあるし、お互い復縁出来る環境を作ろうとしている。

 

付き合っていた時と変わらない距離感のようだけど、関係性は明らかに違う。

好きだと言葉をくれるけど、彼氏ではないし彼女でもない。

なんというか、このあたりにもやもやの原因があるんじゃないかなとは思ってる。

 

別れているのに別れていないみたい。

付き合ってないのに付き合ってるみたい。

なんで別れたのか、付き合っていないのか。

詳しい理由や事情がいまいちわからない私にとっては、相手やわたしにとっての大切な人たちの言葉を信じる他ない。

 

付き合っていた時と変わらない態度、行動を望んでいるようにわたしには見えた。

 

たぶんもやもやっとするのはそのせいなんだけど

ちゃんと言語化できない。

気持ちのやり場をどこにすればいいのかがわからない。

 

もう少しちゃんとわかったら、また書こう。