独りシェアルーム

きっとあなたの蜜になる

47.EMDR

 

少し前の話だけど、Twitterのアカウントを消した。

その方が手っ取り早いと思って。

特定の誰かのつぶやきを見たいわけでも、逆に見たくないわけでもなかったし

昔の自分が呟いたことに執着もなかったから。

 

ただ本当なら自分もそうであったような

ゼミやアルバイトや課題に追われながらも楽しそうな同期の姿や

友達や恋人と楽しそうに笑う見知らぬ誰かの姿を見るのが

今のわたしには、ただただしんどすぎた。

 

邪魔にしか、ならなかった。

 

 

 

 

 

 

今の所でカウンセリングを始めてから5ヶ月くらい。

EMDR治療の初歩段階というか、とっかかりというか

初めて眼球運動技法の実践に移った。

 

とは言ってもカウンセリングがメインで

眼球運動のオリエンテーションみたいな感じ。

 

 

やっと始まるのかなという安心感と

もう始めなきゃいけないのかという焦燥感。

 

早く治療が始まらないかと焦っていたわたしと

もしこれでも治らなかったらと恐れるわたし。

 

 

どちらの気持ちも、どちらのわたしも嘘じゃないとおもう。

たぶん、どちらも本当。

だからきっと、眼球運動をやってみて余計に不安になってきている。

 

本当に効果が出るのか。

PTSDが治るのか。

フラッシュバックや他の疾患が、少しでもマシになるのか。

EMDRが現実味のあるものになったからこその、得体の知れない先への不安。

 

 

今の気持ちを書き出しておかなきゃと思って書き始めたけど

うまく頭が働いてくれてない。

 

元々PTSDを克服したいと思えたきっかけは、少なくとも今はいない。

あの人か、それとも他の誰かになるのかわからないけど

治さなきゃ。

 

頑張らなきゃ。

 

 

連絡が来なくなってからどれくらい経ったか忘れたけど

元気にしてるのかな。

 

 

f:id:atmckt:20170705014236j:image

 

広告を非表示にする